ニュース&トピックス

【NEW!】髪の不思議あれこれ

2019/04/16

濡れた髪のキューティクルの状態

 

 
髪に関することを調べていて、「なぜ?」と疑問に感じることがしばしば出てきます。
 
例えば、
「髪が濡れている状態はダメージを受けやすいので、素早くドライヤーで乾燥させましょう」
とよくいわれます。
 
髪が濡れているとなぜダメージを受けやすいのか。。。?
「濡れているとキューティクルが開くから」
だそうです。
 
「髪が濡れている状態のままではキューティクルが開いてダメージを受けやすいので、素早く乾燥させましょう。」
 
でもいいのですが、では濡れるとなぜキューティクルが開くのか。。。?
疑問に思う方もおられるのではないでしょうか?
 
髪のキューティクルは通常何層にも重なって髪の表面を守っていますが、
このキューティクル1枚1枚も大きく3層からなる構造となっています。
 
このキューティクルの最も内側の層である「エンドキューティクル」とよばれる部分が
水分を吸って膨れやすい性質を持っており、
外側の水分を吸いにくいキューティクル層を持ち上げるように開く、
というのがキューティクルが開くメカニズムだそうです。
 
この状態が最も摩擦によるダメージを受けやすい状態、ということなんですね。
 

ドライヤーの熱は大丈夫?

 

ちなみに「熱によってキューティクルが開く」といわれることも多いですが、
正確にはドライヤーなどの熱でキューティクルの外側の層が急激に乾燥し、
内側の層が水分を吸って膨らんだままの状態となり、キューティクルが開く、
ということのようです。
なので実は熱が原因なのではなく、髪の内側と外側の乾燥度合いの差が大きいことが原因なのですね。
 
髪のことでは一見当然のようでもまだまだ
本当のところは解明されていない、ということが多いです。
これからも「なぜ?」を追求しながら製品開発に取り組んでいきたいと思います!

 

 

最新ニュース

アーカイブ

カテゴリ一覧

本社/工場
〒584-0022
大阪府富田林市中野町東2-1-54 [MAP]
TEL.0721-23-6211(代表)
FAX.0721-25-2044
西日本営業所
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町1-6-14 朝日生命辰野ビル6F [MAP]
TEL:06-7651-4760
FAX:06-7651-4785
東日本営業所
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング3F [MAP]
TEL.03-3274-3363(代表)
FAX.03-3274-3372
中央研究所
大阪府富田林市中野町東1-3-21 [MAP]
TEL.0721-23-6211
FAX.0721-20-0508 (直)

PAGE TOP