ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

【NEW!】眉毛のヘアサイクルについて

2019/06/24

 
先日、NHKの5歳の女児に叱られる某人気番組で、「おじいちゃんの眉毛は何故長いのか?」というテーマが放送されていました。

通常の眉毛の長さは1cm程度なのに、高齢男性数名の眉毛の長さを測ったところ平均2.4cmだったとか。
さらに番組では眉毛の長さでも有名なあの元総理にも取材し眉毛の長さを測らせてもらったりしていました。(4.32cmでした!)
 
頭髪の場合は年を取ると(取らなくても)何故抜けるのか?で悩む場合も多いわけですが、
同時に特定の部位の毛に関して「何故長くなるのか?」という悩みも確かに存在しますよね。
長くなり過ぎた場合はカットすれば済む、ということもあり、頭髪の悩みほど普段顕在化しない問題なのかもしれませんが。。。
 
さて、何故長いのか?の番組での答えですが「抜けるのをわすれちゃったから!」なんだそうです。
 
眉毛は長くなり過ぎると目に入ったりして不便でもあり、約1cm程度の長さになると自然に抜け落ちる仕組みになっていて、これが正常な眉毛のヘアサイクルとなります。

しかし、老化でこのヘアサイクルが乱れると「退行期」から「休止期」への移行がうまくいかず、
「成長期」が続行するので伸び続けることになるのです。

このことからも「退行期」「休止期」も毛にとっては大切なんだ、ということがわかります。
 
人体の皮膚には手のひらや足の裏を除いた全ての部分に毛が生えており、
この全ての毛においてこのようにそれそれのヘアサイクルが働いています。

ちなみに年を取ると伸びる毛は眉毛の他に鼻毛、耳毛があるそうです。
女性に比べて男性に顕著に表れる現象なので、加齢だけでなく男性ホルモンも影響しているのかもしれません。
顔周りということもあり、普段から手入れしている人は気づきにくい場合もあるかもしれませんが、おおむね50代以降の男性では多くの方が自覚されているのではないでしょうか。
ヘアサイクルと薄毛の関係について

2019/05/23

ヘアサイクルをご存知でしょうか?
 
髪の一生は「ヘアサイクル」といわれ、
 
◎生え始めの「成長初期」
◎健康な髪として存在する「成長期」
◎一生を終え抜け始める「退行期」
◎抜け落ちてから新しい髪が生え始めるまでの「休止期」
 
を繰り返します。
 
頭髪のヘアサイクルは成長初期・成長期が数年、退行期2週間程度、休止期が数か月といわれています。
髪は1か月で約1cm伸びますので、成長初期・成長期が仮に5年だったとすれば
60cmくらいの長さになりますね。
ヘアサイクルは個人差が大きく、「世界一髪の長い10代」としてギネスに載った日本人女性は
170cmを超える長さだったとか。
 
さて、そのヘアサイクルですが、薄毛のメカニズムを語る上で切っても切れない関係にあります。
特に男性型脱毛(AGA)は頭部前面の生え際と頭頂部が徐々に薄くなってきますが、
ヘアサイクルの成長期が短くなることで全体に薄くなるといわれています。
生まれたての髪が完全に成長しきらないうちに退行期へと移行するため、
薄く見える部分は完全に髪が生えてこないというよりは産毛のような髪が繰り返し生えてくるような状態です。
 
 
一方女性の加齢による薄毛では、頭頂部を中心に全体的に細くなり、ハリコシがなくなり、
本数も少なくなります。
男性の場合と異なり、髪の成長速度が遅くなるとともに毛髪サイクルの休止期が長くなることが
原因ともいわれています。
女性ホルモンには、ヘアサイクルが成長期から退行期・休止期に移行することを抑制する働きがありますので、
更年期以降に薄毛に悩む女性が増えることになるのですね。
 
薄毛・抜け毛の原因はこの他にも病気やストレス、体調など複数要因が複雑に絡む場合も多く、
対処のアプローチについては、ヘアサイクルに基づくケアを中心に
血行促進、抗炎症、抗酸化、細胞活性、保湿などの機能を組み合わせて行うのが効果的です。
 
ヘアサイクルに着目したヘアケア製品の開発は、実績が豊富なデリシアスエーシーにご相談ください!
髪の不思議あれこれ

2019/04/16

濡れた髪のキューティクルの状態

 

 
髪に関することを調べていて、「なぜ?」と疑問に感じることがしばしば出てきます。
 
例えば、
「髪が濡れている状態はダメージを受けやすいので、素早くドライヤーで乾燥させましょう」
とよくいわれます。
 
髪が濡れているとなぜダメージを受けやすいのか。。。?
「濡れているとキューティクルが開くから」
だそうです。
 
「髪が濡れている状態のままではキューティクルが開いてダメージを受けやすいので、素早く乾燥させましょう。」
 
でもいいのですが、では濡れるとなぜキューティクルが開くのか。。。?
疑問に思う方もおられるのではないでしょうか?
 
髪のキューティクルは通常何層にも重なって髪の表面を守っていますが、
このキューティクル1枚1枚も大きく3層からなる構造となっています。
 
このキューティクルの最も内側の層である「エンドキューティクル」とよばれる部分が
水分を吸って膨れやすい性質を持っており、
外側の水分を吸いにくいキューティクル層を持ち上げるように開く、
というのがキューティクルが開くメカニズムだそうです。
 
この状態が最も摩擦によるダメージを受けやすい状態、ということなんですね。
 

ドライヤーの熱は大丈夫?

 

ちなみに「熱によってキューティクルが開く」といわれることも多いですが、
正確にはドライヤーなどの熱でキューティクルの外側の層が急激に乾燥し、
内側の層が水分を吸って膨らんだままの状態となり、キューティクルが開く、
ということのようです。
なので実は熱が原因なのではなく、髪の内側と外側の乾燥度合いの差が大きいことが原因なのですね。
 
髪のことでは一見当然のようでもまだまだ
本当のところは解明されていない、ということが多いです。
これからも「なぜ?」を追求しながら製品開発に取り組んでいきたいと思います!

 

 

オールインワンシャンプーご紹介

2017/10/10

とある調査によると、「リンスインシャンプー」の使用者は男女共に60代以上で20%以上となり、特に女性においては他の世代に比べて高い比率となっているようです。

当該調査は2013年度のものですが、最近では高年齢世代だけでなく働く女性や子育て世代層にも、「低刺激」「エイジングケア」「美髪」「スカルプケア」などを付加価値とする新しいオールインワンタイプのシャンプーがますます人気となっています。

 

「リンスインシャンプーは仕上がりが物足りない」という消費者の認識も、近年の製品化技術の進化とともに変化し「製品価格が多少高くても購入は1本で済む」というメリットも感じられているようです。

 

これからのオールインワンシャンプーは、一昔前の「リンスインシャンプー」とは全く違った新しい高付加価値のカテゴリ製品となり、更にアクティブ女性の支持を得ていくのではないでしょうか。

 

デリシアスエーシーでは、忙しい毎日を送るアクティブな女性をターゲットとしたオールインワンタイプのシャンプーの累計実績がこのほど50万本に達しました。

 

オールインワンだけに単品からのビジネス立ち上げにも最適な有力製品です。

ご興味のあるお客様は、是非デリシアスエーシーへお気軽にお問合せください!

 

泡立たないクリームシャンプーご紹介

2017/05/12

ここ数ヶ月、ご依頼件数が格段に増えているアイテムがあります。

それが「泡立たないクリームシャンプー」。

 

先月の化粧品の業界誌である週刊粧業でも「ノープー(ノー・シャンプー)」としてトレンド紹介されており、近年新しいカテゴリのヘアケア製品として注目を集めています。

 

「トリートメントで洗う」「スカルプケアができる」「シャンプーとトリートメントが同時にできる」など、従来のシャンプー・トリートメントにないベネフィットが魅力のこの新アイテムですが、実はデリシアスエーシーでは数年前から開発に着手しており、既に数社様より商品化していただいております。

 

「泡立たないってどんな感じ?」
「泡立たないなんてすっきり、さっぱりしなさそう」
「本当にちゃんと洗えるの?」

 

そんな固定イメージも覆す使用感・洗い上がりのよさが自慢のデリシアスエーシーの「泡立たないクリームシャンプー」。
今後の定番化の兆し十分のニューカテゴリアイテムです。

 

ご興味のあるお客様は是非お気軽にお問合せください!

 

スキンケア素材でつくったヘアミルクご紹介

2016/09/27

2016年化粧品開発展にてご案内した「スキンケア成分からつくったヘアミルク」が好評をいただいております。

 

商品化された消費者様からも「某有名ブランドのヘアミルクも使った事がありますが、

1回目の使用からまとまりと艶が出て感動!リピート確実です」とうれしいお声をいただいています。

 

hair milk

 

 

 

整髪剤が肌荒れの原因になる敏感肌の方にも、「スキンケア成分からつくったヘアミルク」を貴社のラインナップに加えてみませんか?

 

 

カテゴリ一覧

アーカイブ

本社/工場
〒584-0022
大阪府富田林市中野町東2-1-54 [MAP]
TEL.0721-23-6211(代表)
FAX.0721-25-2044
西日本営業所
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町1-6-14 朝日生命辰野ビル6F [MAP]
TEL:06-7651-4760
FAX:06-7651-4785
東日本営業所
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング3F [MAP]
TEL.03-3274-3363(代表)
FAX.03-3274-3372
中央研究所
大阪府富田林市中野町東1-3-21 [MAP]
TEL.0721-23-6211
FAX.0721-20-0508 (直)

PAGE TOP