スキンケア

スキンケア

【NEW!】化粧品の広告規制

2019/09/09

 

 

化粧品を販売するにあたっては、厳しい広告規制があることをご存知の方は多いかと思いますが、
具体的にはどのような規制か内容を詳しくご存知でしょうか?

 

化粧品に関しては、その説明として薬機法において下記のように定義されています。

 

「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。」

 

要約すると

・皮膚や髪に付けるもの
・清潔にし、キレイに見せて、すこやかに保つためのもの
・作用が緩和なもの

ということになり、化粧品の効果や効能を表現する場合には詳細に56項目に分かれて規定されています。

 

この56項目の中で例えば化粧水やクリームなどの説明として

 

・肌を整える
・すこやかに保つ
・キメを整える
・うるおいを与える

 

などはいえますが、

 

・肌を美白する
・シミしわをなくす
・タルミを改善する
・若返らせる

 

などを示す表現はできません。

 

化粧品はあくまで「作用が緩和」であることが大事とされており、

「医薬品」との区別をハッキリとさせる意味合いがあるためです。

 

尚化粧品と使い方は同じである薬用化粧品は「医薬部外品」分類となり、

こちらは化粧品に比べて「日やけによるシミそばかすを防ぐ」「育毛」などの

効能効果の承認を受けていれば表現することが可能となります。

 

ただし医薬部外品は化粧品と異なり厚生労働省へ申請を行って承認を得るという手続きや

製造出荷ごとの成分分析が必要であるなど、費用と手間のかかる製品開発となり、

発売時期を逃すなどチャンスロスとなる場合もあります。

 

「医薬部外品」というカンムリは販売サイドでは魅力的に感じますが、

医薬部外品であっても結局女性の求める美容欲求「シミ・しわ・タルミ・若返り」は

明示的・暗示的に関わらずい表現できません。

販売の際にどのようなキーワードで女性の心をひきつけるのかは

化粧品・医薬部外品共に各社の工夫にかかっているといえそうです。

メンズスキンケアの市場展望

2019/08/19

「男性用化粧品市場は伸長している」とかなり以前から言われてきましたが、
加齢臭ケアを訴求したミドルエイジ向け洗浄料(ボディソープやシャンプーなど)や
AGAコンセプトのヘアケア製品以上にヒット商品は生まれてこないな、というのが正直な印象でした。
 
これまでは、男性にもスキンケアニーズの高まりはあるものの、
面倒くさい、目に見える効果がなく費用対効果を感じられない、どこで何を買ったらいいのかわからない、
という障壁があったように思います。
 
しかしながら2017年ごろからは通販市場などにおいて、
ベンチャー系の企業からこれまでにない切り口のメンズコスメを次々に発売し、
徐々にその露出、存在感を高めています。
 
下記のグラフはグーグルトレンドで過去10年間の「メンズスキンケア」「メンズエステ」
のキーワード出現の推移を抽出したものです。
 
ここ数年で明らかな上昇カーブを描いており、また「メンズエステ」は更に大きく上昇しているのが
見て取れます。
 
 
 
 
男性の美容意識の最近の高まりの理由としてよく取り上げられる要因としては、
 
●女性の社会進出が進んだ
職場の女性比率が上がり、同僚、顧客、仕入先と女性と関わるシーンが増えていることが挙げられます。
例えば営業職といえば以前は男性の仕事のようにイメージされてきましたが、
今ではあらゆる業種で多くの女性が営業職として活躍しています。
 
●ジェンダレス概念の受容と広がり
LGBTの認知度が上がるとともに「ジェンダレス男子」なる流行語も出現するなど、
男性が旧来の画一的な「男らしさ」にこだわる必要性が薄れて美容への取り組みに積極的な層が生まれています。
男性の身だしなみとして、体臭ケアとムダ毛ケアも既に一般的になりました。
 
というようなことが考えられそうです。
 
アマゾンなどのネット通販の利用率が男女とも上がることにより、
商品選択の自由度の高まりとレビュー評価をみて購買するという購買行動が一般的になったことで、
化粧品の新規参入においてもECマーケティングの手法に長けた企業の進出が高まっている様子です。
 
そしてこの層の商品単価は3,000円~5,000円が多く、定期購入へ促すパターンが主力です。
 
男性の美容意識の変化から今後ますます男性の美容への投資額は増える見込みです。
 
従来日用品として使用されてきたドラッグストアなどの一般ブランドだけではなく、
自らの美容意識を満たす自分セレクトのブランドを選択する層に向けた通販マーケティングも
これからますます有効であると推測します。
 
デリシアスエーシーでもメンズスキンケアの提案を色々ご用意していますので、
ご興味のある方は是非お問合せください!
家族みんなで使える全身保湿ジェルご紹介

2018/09/14

暑い夏もそろそろ終わり、これからお肌が乾燥する季節がやってきます。

お肌の乾燥は角質層の水分量を減少させ、お肌のキメが荒れることによって光の反射を妨げてクスミの原因になる他、外部刺激も受けやすくなるため炎症を引き起こす原因ともなります。
角質層のバリア機能が弱まって乾燥が進んだお肌は、やがて真皮層の乾燥にも進行してシワの原因にも。。。

 

そんなお肌の乾燥対策に、家族みんなで全身に使える植物由来のジェルクリームのご案内を始めました。

 

クインスシードエキスやアロエベラエキスなど、天然植物由来のジェル成分を配合し、のびがよくサラッとした感触のジェルクリームです。

 

赤ちゃんからお年寄りまで、あらゆる年代の方にお使いいただけます。

ご興味のあるお客様は、ぜひデリシアスエーシーまでお気軽にお問合せください!

 

お風呂上りの肌の水分量の変化

2018/06/01

入浴は全身を清浄にする以外にも血流改善、リラックス効果などのメリットがある一方で、お湯につかることによって皮脂、角質細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)が流れ出てしまうというデメリットもあります。

 

お風呂上りは急速にお肌が乾燥するといわれ、慌てて化粧水やボディクリームをつける、なんてこともよく聞かれますが、実際どの程度の速度でお肌の水分量が変化するのかを調べてみました。

 

入浴前、入浴直後、1分後、5分後、15分後と時間の経過ごとに肌の水分量を計測した結果、湯上り直前の肌の水分量が5~15分後にかけて急激に下がり、15分以降は入浴前より乾燥状態になっていることがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

この結果より、最も効果的な保湿のタイミングとして「浴室内」で濡れたままのお肌に塗布するタイプのスキンケア製品をこのほど開発、リリースしました。

 

ご興味のある方は、是否デリシアスエーシーまでお問合せください!

カテゴリ一覧

アーカイブ

本社/工場
〒584-0022
大阪府富田林市中野町東2-1-54 [MAP]
TEL.0721-23-6211(代表)
FAX.0721-25-2044
西日本営業所
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町1-6-14 朝日生命辰野ビル6F [MAP]
TEL:06-7651-4760
FAX:06-7651-4785
東日本営業所
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング3F [MAP]
TEL.03-3274-3363(代表)
FAX.03-3274-3372
中央研究所
大阪府富田林市中野町東1-3-21 [MAP]
TEL.0721-23-6211
FAX.0721-20-0508 (直)

PAGE TOP